こんな人がアパート経営に向いている

不動産営業の経験がある人

アパート経営は、入居者の賃料が売り上げになる不動産業です。株式投資などとは異なり、商売としての性質があるのが特徴です。不動産営業の経験がある方は、どのような物件に人気が集まるか、逆に絶対に避けないといけないポイントを理解していますし、入居者の募集についても自ら行うことができます。不動産デベロッパーは入居者の募集を代行することも収入源にしています、入居者決定時に支払う手数料は高く、この支出を減らせることは収益を向上させます。
物件の取得に関しても、デベロッパーが提案する物件だけでなく、競売物件など、素人が手を出しにくい領域にも精通していることから、安く物件を手に入れることができるでしょう。アパート経営はある意味、不動産業者として独立することとも言えます。

時間があり、物件に対してマメに動ける人

アパート経営は、物件の管理を自分で行うことでもコストを抑えることができます。DIYが得意な人であれば、入居者が引っ越した後の原状復帰程度の改装は自分で行うと良いでしょう。もともと敷金は原状復帰にかかる費用を担保するものですが、そのお金を収益にできます。
専業でアパート経営を行っている人であれば、共有部分の掃除や簡単なメンテナンスを行うのが理想です。頻繁に保有物件を見ることができますし、自営業としての生きがいにも繋がります。改修の必要な部分の劣化具合をいち早く把握でき、収支計画を練ることができます。
物件取得もそうですが、アパート経営は自営業です。営業努力を続けることでリスクを減らし、収益に繋がります。入居者に少しでも良い部屋を提供するという考えを忘れないようにしましょう。

© Copyright Apartment Project. All Rights Reserved.