失敗しないアパート経営

20年後を見据えた収益物件を購入する

アパート経営を行う際には、空室率が増えると収益が減少して経営を圧迫してしまいます。日本の人口は今後減少傾向にあるので、20年後に借り手がいる地域の収益物件を選んで購入することが大切です。1つの企業や大学の需要のみに頼る状況では、企業や大学の移転が今後も盛んに行われるので、一気に経営が苦しくなるでしょう。
地方だからという理由で、アパート経営の先行きが不安となるわけではなく、人口推移を見極めつつ周辺に競合が無ければ家賃相場が下がることもありません。高速道路のインターチェンジ近くに出来る工業団地であれば、インターチェンジ自体が20年後に無くなることは無いので、工業団地も残るでしょう。競合するアパートの増え方次第ですが、立地条件が良い場所を確保出来れば十分にアパート経営は安定します。

最終的には自主管理が目標

遠隔地に積極的な投資を行うオーナーも近年は増えていますが、近隣で行うアパート経営よりもハードルが高いことは良く知られています。プロの経営者であっても利益を生み出すことが難しいと考えているケースもあるので、余計なコストを徹底的に排除出来ているオーナーは大きな利益を挙げています。
アパート経営を失敗に導く会社として、管理会社、不動産屋、賃貸保証会社があります。特に賃貸保証会社による追い出し行為が不動産屋と連携して行われているので、自主管理に切り替えているオーナーが増えている状況です。空室が出ると、入居者募集に対して不動産屋に家賃の数ヶ月分の広告料を払わないと紹介すらしてもらえない事情があり、業を煮やしたオーナーの中には自ら直接入居者を募集出来るサイトを利用して、不動産屋と賃貸保証会社を排除して多額の利益を挙げているオーナーが増えています。入居者にとっても、仲介手数料と保証料の支払いが無い分だけメリットがあるわけです。

© Copyright Apartment Project. All Rights Reserved.